注文住宅の断熱素材

注文住宅の断熱素材

注文住宅の断熱素材 気温が著しく変動をする夏と冬を快適に過ごすために、注文住宅において断熱素材の需要が増えています。住宅の壁に利用することによって、室内外の熱の流れを切ることによって夏は温度を減らし冬は逆に室内の温度を一定に保つ効果があるのです。そのためエアコンの効率が良くなることから、電気代節約ができます。
そんな省エネ対策になる断熱素材ですが、実際に建築業者に委託すると様々な素材があるのです。注文住宅で一番使われている素材というのが、ガラス繊維を主原料とするグラスウールになります。グラスウールは大量生産がしやすい利点から、実際に施工する際の料金も安いという利点があるのです。
ただ安い分だけ耐久年数が低いため、施工してから5年を目安に貼りなおす必要があります。耐久性を考えるのであればウレタンフォームやポリスチレンを選び、アレルギーなどシックハウスを考えるのであれば植物由来のセルロースファイバーなどがあるので目的に合わせて選ぶとよいです。

注文住宅で人気の丈夫で長持ちするタイルの外壁

注文住宅で人気の丈夫で長持ちするタイルの外壁 憧れのマイホームを建てる時には、できるだけ自分の好みに合う見た目の家を建てたいものです。さらに丈夫で美しさが長持ちし、メンテナンスが楽な外壁を選びたいという希望を持っている人も多いのではないでしょうか。
注文住宅の場合には、外壁の素材やデザインも好きなものを選ぶことができ、最近はローメンテナンスで美しさが長持ちするタイルが人気です。タイルは、粘土などを高温で焼いてあるため、大変丈夫で紫外線や温度変化、雨や風などに強いという特徴があります。比較的安価な外壁材と比べると、価格が高いので、初期費用が高くなるのですが、長い目で見るとメンテナンスにかかる費用が少なくて済むというメリットがあります。
注文住宅にふさわしい重厚感や高級感のある見た目からも、大変人気がある素材です。様々な色や質感などがあり、好みの物を選ぶことができるので、見本や完成事例などを参考にして選び、見た目が良く丈夫で長持ちする外壁にしてはいかがでしょうか。

新着情報

◎2021/3/10

注文住宅の断熱素材
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

工務店に依頼するメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

ライフスタイルに合わせるのが重要
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 断熱」
に関連するツイート
Twitter

おはようございます!本格的に冬になってきましたね。朝はお布団から出るのをためらってしまう。最近の住宅は高機密高断熱でエアコン1台全館空調いけますよ。古い家と比べると住環境と光熱費のどちらもお得。建て時かどうかは住宅ローン控除の発表を待ってみて。13年控除間に合った人うらやましい。

SW工法は建物の高断熱・高気密化に合わせて設備機器の省エネ化をした注文住宅です。高断熱なので室内の冷暖房効率が良く、夏は少しの冷房で涼しく過ごせ、冬は暖房の熱が室外に逃げにくいので省エネにもなる高性能住宅です。

断熱住宅に住むとお金が貯まる?!その納得の理由  

返信先:日本の住宅の寿命が短かったというのも理由の一つだとは思いますが(それでも最近は耐震等級や断熱を気にする人が増えたのか窓が少なく壁が多い家がほとんど)、衛生観念から他人が使っていた風呂やトイレ、台所が気になる人も多いような。 そこだけリフォームすればいいのかもですが。

返信先:急に冷えましたよね💦 株価とともに気温も暴落してて洗濯物干すのが辛すぎます😭 北海道の住宅のように断熱対策もしてないから室内でも冷えるとこは冷えるんですよね😭