注文住宅の断熱素材

注文住宅の断熱素材

注文住宅の断熱素材 気温が著しく変動をする夏と冬を快適に過ごすために、注文住宅において断熱素材の需要が増えています。住宅の壁に利用することによって、室内外の熱の流れを切ることによって夏は温度を減らし冬は逆に室内の温度を一定に保つ効果があるのです。そのためエアコンの効率が良くなることから、電気代節約ができます。
そんな省エネ対策になる断熱素材ですが、実際に建築業者に委託すると様々な素材があるのです。注文住宅で一番使われている素材というのが、ガラス繊維を主原料とするグラスウールになります。グラスウールは大量生産がしやすい利点から、実際に施工する際の料金も安いという利点があるのです。
ただ安い分だけ耐久年数が低いため、施工してから5年を目安に貼りなおす必要があります。耐久性を考えるのであればウレタンフォームやポリスチレンを選び、アレルギーなどシックハウスを考えるのであれば植物由来のセルロースファイバーなどがあるので目的に合わせて選ぶとよいです。

注文住宅で人気の丈夫で長持ちするタイルの外壁

注文住宅で人気の丈夫で長持ちするタイルの外壁 憧れのマイホームを建てる時には、できるだけ自分の好みに合う見た目の家を建てたいものです。さらに丈夫で美しさが長持ちし、メンテナンスが楽な外壁を選びたいという希望を持っている人も多いのではないでしょうか。
注文住宅の場合には、外壁の素材やデザインも好きなものを選ぶことができ、最近はローメンテナンスで美しさが長持ちするタイルが人気です。タイルは、粘土などを高温で焼いてあるため、大変丈夫で紫外線や温度変化、雨や風などに強いという特徴があります。比較的安価な外壁材と比べると、価格が高いので、初期費用が高くなるのですが、長い目で見るとメンテナンスにかかる費用が少なくて済むというメリットがあります。
注文住宅にふさわしい重厚感や高級感のある見た目からも、大変人気がある素材です。様々な色や質感などがあり、好みの物を選ぶことができるので、見本や完成事例などを参考にして選び、見た目が良く丈夫で長持ちする外壁にしてはいかがでしょうか。

新着情報

◎2021/3/10

注文住宅の断熱素材
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

工務店に依頼するメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

ライフスタイルに合わせるのが重要
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 断熱」
に関連するツイート
Twitter

10/20テレ朝モーニングショー 自民に忖度し争点隠しが酷い コメンテーター&玉川は大事な点として「送電網の強化&住宅断熱化」言うが、それを立憲民主党が掲げてる事をまったく触れない 枝野は国費で太陽光電力送る末端送電網作ると公言してるのに!

ワタショウで建てなくても必ず長期優良住宅で家を建てることです。それと、健康な暮らしは家の断熱性能で決まることです。地域の省エネルギー基準よりも、ワンランク上の家づくりをおすすめします。ヒートショックのない暮らしこそ健康住宅と言えます。

玉川さんが「高断熱の家には補助金を出して、エネルギー節約を進めればいい」に共感。たしかに高断熱の家はほんっとにエアコン使わない。でもそんな家は優良住宅ってことで既に補助金出てます。 工賃の割に補助金が安いので、価値を感じる人でないと実施しないってことが問題ね。

新築はどうにでもなるよ。 問題は古い住宅、古いビル、古い店舗および古い工場だ。 年金暮らしに断熱高気密住宅への改築やリフォームを強制できない。 玉川徹さんの言うことは、テレ朝の強い人の立場なのだ。

うちは外断熱、ペアガラス住宅ですが、さすがにエアコン一つでは無理です。